駐車場・建築設計とコンサルティング

HOME > WORKS > エコへの取り組み

エコへの取り組み

2004年の「都市緑地保全法」の改正により市町村が指定した区域での大規模ビル開発などの際に一定割合の緑化を義務づける内容が盛り込まれました。私どもYKP建築設計コンサルタントは、自走式立体駐車場の屋上緑化、壁面緑化などにより、一定の基準を満たすだけではなく、環境保全にも配慮した設計が可能です。
  
  
 
  
 
 
  
 
 クリックすると拡大します

横浜市内マンション駐車場【屋上庭園緑化】
竣工時期  2011年年2月
規模     6,132.70㎡
型式     4層5段連続傾床式
用途     集合住宅用

POINTO! 築31年を経過した全5棟96戸の団地型マンションの建替えに伴い、神奈川県「みどりの協定実施要綱」による緑化基準として、緑地率20%以上を確保するために、駐車場の屋上階を緑化。全体に庭園型緑化を施し、地域防災拠点として、仮設テント設置広場も併設しました。

屋上緑化のメリット

・ヒートアイランド現象の軽減効果

・火災時の防火・防熱効果

・都市の景観向上効果・環境PR効果


屋上緑化での注意点

・積載荷重

・防水、防根、排水

・植物管理

   設計事例

 

登はん型壁面緑化
宮城県 集合住宅用

マットとワイヤーを利用した 壁面緑化

 

長所:幅員の狭い壁面から大規模壁面まで
対応可能。メンテナンスが容易。
短所:被覆するのに時間がかかる。  必ずし
も均一に被覆するとは限らない。
    (成長範囲の計画と誘引計画が必要)
 

屋上緑化(芝)
兵庫県 遊技店用

車止め後方などのスペースを緑化

 

長所:メンテナンスが容易。植替が即時可能。
短所:施工時の床の防水と、排水計画が必要。
 

屋根を利用した緑化
大阪府 集合住宅用

屋根を大地に見立てて緑化 

 

長所:限られた敷地内の緑化スペースを確保。
植物の置き換えが可能(専門業者による)
短所:折板屋根の上に設置しているので、温度
の上昇などにより植物が長持ちしない。